蛇の飼い方

蛇の飼い方でのエサは蛇の種類にもよりますが、蛇はネズミやヒヨコ、カエルや昆虫などを食べます。蛇には恒温動物食と、変温動物食とがありますが、それによって食べ物が違います。

蛇は生きた動物を自ら捕まえて食べるという習性がありますから、生きたエサしか食べないことを憶えておきましょう。したがって、常に生きた状態のえさを手に入れられるように自分でマウスを育てて繁殖させるとか、ペットショップにエサを申し込んでおくようにしましょう。

蛇を飼うのには少しの隙間もないできるだけ大きな飼育箱を必要です。飼育箱は木の板で作りましょう。そして、蛇が住む環境づくりが一番重要です。蛇にとっての適温は22〜23度ですから温度計を取り付けてよく見るようにしましょう。サーモスタットを取り付けると便利でしょう。

暖房がない場合は飼育箱に発熱電球やパネルヒーターなどを設置します。そして、通気用と暖房用の大きな窓を作り、窓には金網をしっかり取り付けます。

また、蛇は基本的に暗闇が好きですから安心できる隠れ家を置きましょう。それから、登り木を一本入れましょう。そして、蛇が十分に入れる容器に水を入れてプールを作りましょう。

蛇にエサを食べさせるのは難しいことで、エサを与えたとき、ヘビが関心を示すかどうかをよく観察してください。30分ほど経っても食べないなら、取り出しましょう。

なお、同時に複数のエサを入れないようにして、エサは一匹ずつ与えていきましょう。また、同じケースに多くのヘビを入れないようにしてください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186394652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。