アロワナの飼い方

アロワナの飼い方ですが、アジアアロワナ飼育では飼育環境を整えましょう。ま水槽は成魚では60cmを超える場合もありますから大きい水槽が必要です。幼魚の時は、少し小さめの水槽が体のサイズに合っていて良いのですが、成魚では幅が150cm、奥行きと高さが60cm程度の水槽が必要になります。

アジアアロワナ水槽の素材にはアクリルとガラスがありますが、どちらでも構いません。両方にはメリットとデメリットがあるので好みで選んでください。アクリル素材の水槽は
柔軟性があり弾力性に優れています。ただし、アクリル素材は傷が付きやすいのがデメリットです。

ガラス素材はアクリルのように柔軟性はないので衝撃に弱く割れる場合があります。また接合面にシリコンが使用されているので長期間使用するとシリコンが劣化して水漏れを起こす危険性があります。

水槽の水についてですが、まずは水づくりをしっかりしましょう。水道水では塩素をしっかり抜いて濾過バクテリアを増殖させましょう。濾過バクテリアとは魚の排泄物や食べ残された餌を分解して、有害なアンモニアなどを害の少ない物質に変える目に見えない生き物です。

アロワナのエサは体の大きさに合ったものを与えます。幼魚の時の餌は、ヒメダカや赤ヒレなどやミルワームです。中成魚〜成魚にはジャイアントミルワームやコオロギを与えて、時々は浮きガエルやツメガエルや金魚なども良いでしょう。

それから、アロワナを飼育する前には届出書を提出しなければなりません。友人から貰った場合にも届出書は必要です。必ず届出書は提出してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186232705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。