ヤモリの飼い方

ヤモリは昔は良く見かけたものですが、最近の住宅ではあまり見かけなくなりました。ニホンヤモリは体長が10〜14cmで害虫などを食べるので家守などと言われます。戸袋などの隙間に棲んでいて日が暮れる頃になると虫などを狙って出てきます。

ヤモリの飼い方で用意するものは、ケージ、シェルター、木の枝などと水入れやエサ入れ
です。

ケージはプラスチックケースで構いません。蓋はしっかりとしましょう。ヤモリはガラス面に張り付くことができませんからプラスチックが飼育には向いています。大きさはヤモリが1匹ならば20cmほどの横幅があれば十分ですが、2匹以上のときは30cm以上の横幅は必要になります。

それから、シェルターは必要です。ヤモリは夜行性ですから昼間は狭い隠れ家で寝ています。そのためのシェルターです。シェルターは植木鉢のかけらのようなざらざらしたものが良いでしょう。
ヤモリは指下板を使って立体的な活動をしますから、木の枝や板切れなどを設置して運動できるようにしましょう。エサ入れや水入れはプリンやゼリーの空容器で間に合います。

さて、ヤモリのエサですが、ヤモリは生きた虫しか食べません。出来れば野性でヤモリが食べている蛾など、夜の電灯に集まってくる虫を与えるのが良いのですが、お店でコオロギやミールワームを購入してエサにします。

しばらく様子を見て餌付かない場合にはミールワームなどを半分にちぎってピンセットでつまんでヤモリの鼻先にくっつけるとその匂いと味につられて食いつくことがあります。どんな餌にしてもヤモリが食べられるように、小さめのエサを与えるようにします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。