モモンガの飼い方

モモンガの飼い方ですが、モモンガは活発に動き回り、ジャンプしますから、高めの大きなしっかりしたケージが必要です。

そして、モモンガは子供から育てた時はよく人に慣れるのですが、大人ではそれほど慣れないようです。モモンガは3種類ほどですが、どのモモンガでも飼い方はほとんど同じです。

ベビーモモンガの飼い方ですが、ベビーは生後4週〜7週です。ベビーは寒さに弱いので、小型のペットヒーターなどの保温器具が必要です。

生後4週目は離乳直後ですが、この頃から育てると良く慣れるのですが、体が弱いので飼育はかなり難しいです。ですから、この時期のモモンガは初心者にはムリでしょう。

生後5〜6週目ですと離乳が終わって少ししっかりしてきますし、見た目もしっかりとしていて元気に動き回ります。しかし、ヒマワリの種などの固いエサはまだムリですからパンやカステラやリンゴを与えましょう。

ただし、モモンガは寒さに弱いので保温器具は必ず使用してください。

生後7週以降になると、もう大人のようなものですから固いエサも食べるようになります。
そして、大人と同じ飼育環境で飼えるようになりますが、矢張り保温器具を使うようにしましょう。

モモンガのエサは専用ミルクを与えるのが一番です。必ず良い専用のミルクにして、長生きをするように常に寒さには注意することです。

モモンガは可愛らしいのですが、元来は臆病で身体がそう丈夫ではないことと寒さに耐えることができないということなどを常に頭に置いて飼うようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185403070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。