鈴虫の飼い方

鈴虫はこおろぎの仲間で松虫とも呼ばれていますが、夏が過ぎて秋近くになるとリーン、リーンと涼やかな声で鳴きます。この鈴虫の飼い方は比較的簡単な部類に入るでしょう。

鈴虫を飼うためには適当な大きさの水槽や虫かごが良いでしょう。適当な大きさのプラスチックケースでも良いのですが、蓋は通気性のあるものにします。入れ物は直射日光が当らなく、風通しが良い涼しいところに置くようにします。

鈴虫が卵の状態の冬場はあまり明るくなく、気温が下がりすぎないところに置きましょう。
そして、鈴虫の入れ物の中には3cmほどの土を敷いておきます。ですから、入れ物は4cmほどの深さが良いでしょう。

土は安全性に問題がないものであれば特別な土でなくても良いのですが、注意することは土が乾燥しないようにすることで、霧吹きなどを使って湿らせておくことです。ただし、霧吹きを使う時には、鈴虫に水がかからないように気をつけましょう。

鈴虫に与えるエサですが、鈴虫は基本的に雑食なので植物性のエサと動物性のエサが必要です。植物性のエサではナスやきゅうりなどで家庭で使わったものの切れ端で十分です。なお、動物性のエサは鰹節を細かくしたものなどで構いません。エサは必ず毎日新鮮なものに取り替えましょう。

鈴虫の産卵は10月頃で、その頃に鈴虫の成虫の命は新しい世代へ引き継がれます。孵化は6月頃で、鈴虫は卵の形で土の中で冬を過ごします。

このように鈴虫の飼い方は比較的簡単で、鈴虫の繁殖力も強いので増えすぎて困ることもあるほどです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184895939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。