ベタの飼い方

ベタの飼い方ですが、ベタの特徴はオス同士の激しい威嚇です。相手がボロボロになるまでしつこくつつきますから、一つの水槽にオスは一匹しか飼えません。二匹のベタを一つの水槽で飼うのは絶対にしないでください。

また、オスとメスも同時に飼うことは出来ません。繁殖時以外はオスがメスを激しくつつき回します。メス同士の場合は比較的一つの水槽での同居が可能ですがやはり威嚇しあいますからヒレにキズが増えてしまいます。

このようなことからベタの飼い方は一つの水槽に一匹にしましょう。そして、敵だと思うと攻撃力が強いですから他の種類の魚とも同居させないことです。

基本的にはベタを飼う水質などは通常の熱帯魚の飼い方で十分飼育です。水質に悪化には比較的強いですが理想の水質は中性〜弱酸性の軟水と言われます。

しかし、熱帯魚ですから保温が必要で、20度以上を保つようにします。理想は27度くらいでしょう。

また、ベタは空気呼吸もしますので息継ぎをします。ですから水面に油膜ができないよう注意してください。なお、ベタの寿命は2年程とされています。

なお、ベタの飼い方ではビン飼育がありますが、水槽で飼育するよりもはるかに難しいので上級者向きです。

ベタ飼育の面白さは、なんといっても威嚇のしあい(フレアリング)ですが、面白いからと、二匹の水槽をいつも近づけていると、段々フレアリングをしなくなります。鏡をベタに見せた場合も同じですが、その場合は何日が間を空けるとまた始めるようになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183974943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。