フェレットの飼い方

フェレットの飼い方ではまずは部屋の準備ですね。可愛らしいフェレットはとても好奇心が強くて遊び好きです。ですから、危険なところに入り込んだりします。

また、フェレットは部屋から外へ出ていったりしてしまうことがありますし、植木鉢などもフェレットは掘り返します。

小さな穴や、洗濯機や冷蔵庫の下などはフェレットが入り込めない様にして下さい。夏にはベランダの網戸も破ってしまう場合がありますから注意しましょう。

また、フェレットは発泡スチロールやウレタン、スポンジやゴムなどの柔らかいものを食べる危険がありますから要注意です。

フェレットは肉食動物ですが消化時間が約3時間ですから短時間で必要な栄養を摂取出来なければなりません。ですからエサは粗タンパク質が36%以上のも動物性タンパク源をベースにしているものにします。

そして、脂肪分もフェレットフードの成分として重要で20%以上が必要です。ただし、繊維質の多く含まれるフードは避けるようにしてください。フェレットには繊維質の消化を助ける盲腸がないのです。なお、飲み水はいつでも新鮮な水が飲めるようにウォーターボトルを使用します。

良いフードはフェレットの成長と健康に良く、特に生後6ヶ月くらいまでの成長期のフェレットにとってのフードはその後の成長過程や寿命に影響を与えますから出来るだけ慎重に良いフードを選ぶようにしましょう。

そして、外出などの場合にはフェレットの安全と保護のためにケージを用意しましょう。ケージのサイズは最低でも60cm×40cmくらいの床面積のものを用意しましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183655123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。