カメの飼い方

カメの飼い方は種類により異なりますが、ここではヌマガメ(ミドリガメ・クサガメ・イシガメ)を屋外で飼う方法をご紹介します。

容器は衣装ケースやガラス水槽などで飼うのが良いでしょう。しかし、野良猫やカラスがカメを襲いますから必ず水槽の上に金網を乗せてその上におもりを置くようにしてください。

そして、変温動物の亀には日光浴はとても大切ですから、できるだけ長い時間、太陽の直射日光に当たるように水槽を配置して、1日に1回はカメの体全体が完全に乾くようにしましょう。

ただし、夏は水温が40度を越えることがあるので水槽にスダレ等をかけて水に直射日光が射さないようにしてください。

それから、カメはとても神経質なので隠れ家が必要です。ですから水中にシェルターは必ず設置します。例えばレンガを積んでトンネルのようにしてあげましょう。狭いほどカメには居心地が良いようです。

そして、カメはすぐに水を汚しますから。最低週に1回は水を替えて常にきれいな状態を保つようにします。

エサですが、亀は雑食なので何でも食べます。亀用のエサ以外にもバナナやトマト、鶏肉などを食べます。しかし、ちくわやハム、しらすやドッグフードなどは塩分や脂肪が多すぎるので与えないでください。

もしカメを冬眠させる場合はエサはできるだけ沢山与えますが、たまにはエサを替えたりするとよく食べるようになります。

代表的なエサはテトラレプトミン、コロナ、スイミー(鯉のエサ)ですが、スイミーはカメの好物のようです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183208248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。