セキセイインコの飼い方

セキセイインコの飼い方ですが、ケージにはセキセイインコ用やブンチョウ用のものを選びます。もしペアで飼う場合には40〜50センチくらいの大きさのケージにしましょう。そして、小さな容器にミネラル源になる塩土を入れます。

ケージの引き出しはふんやこぼれたエサで毎日汚れますから、引き出しの中に新聞紙などを敷いて、毎日交換しましょう。

巣箱はペットショップなどで売っているセキセイインコ用の巣箱を使いますが、ペアで飼うときには、産卵や子育てのために大切な場所になります。

エサはセキセイインコ用のエサですが、ボレー粉や小松菜、キャベツなどの青菜と先ほど言いましたミネラル補給のための塩土も与えます。青菜入れには、水を少し入れて、青菜を毎日さしてあげましょう。

エサの食器はケージにセットされているもので十分です。水は毎日新鮮なものに交換します。食器が汚れていたらきれいに洗って時々は熱湯で消毒をしましょう。

ブランコは止まり木の一種ですが、揺れるのでセキセイインコの良い遊び道具になりますね。

ブランコとは別にセキセイインコの足に合った止まり木をセットします。大体はケージにセットされているものをそのまま使えます。

そして、天気の良い日にはセキセイインコに日光浴をさせます。セキセイインコはあまり水浴びをしませんから、日光浴のときにケージの外から霧吹きで水をかけて水浴びをさせると良いでしょう。

巣箱をセットしてペアで飼っていると繁殖するでしょう。セキセイインコが卵を抱いているときや雛を育てているときは、そっとしておいてください。巣箱を覗き込むのは止めましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183046114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。