うさぎの飼い方

うさぎをペットとして飼うのが盛んになっているようですね。ところでうさぎの飼い方ですが、犬や猫とはかなり違うことを最初に憶えておきましょう。

うさぎは大変臆病ですぐに緊張する生き物ですから、可愛らしいからといって家へ持ってきてすぐに抱いたりしないことで、最低でも1週間はうさぎが新しい環境に馴染むまではそっとしておくことです。

さて、うさぎにはどんな食べ物が良いのでしょうか。ペットショップのラビットフード(ベレット)が無難ですが、人参やかぼちゃ、キャベツやブロッコリー、小松菜やカブの葉、
さつまいも、きぬさや、とうもろこしなどはうさぎの好物です。

食べ物はいつも新鮮なものをあげてくださいね。それから干し草は必ずあげてください。干し草には繊維質が多く含まれているのでとても元気になりますから毎日あげましょう。


1日にあげる分量はラビットフードが軽くひとにぎり程度で、葉の野菜がてのひらくらいのおおきさ1枚、人参などは2〜3センチと干し草を少々が目安です。餌は1日に2回にしましょう。1日に2回、決まった量を朝、夕方にあげます。

そして、うさぎには絶対に食べさせていけないものがありますから注意してください。あげてはいけないものは、ねぎや長ネギ、にんにくやにら、チョコレート、アボガド、ほうれん草などです。

うさぎを入れるケージは縦60センチ、横45センチ、奥行き45センチぐらいは最低でも必要です。それからトイレの中の砂や新聞紙は毎日とりかえるようにしてください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182894700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。