めだかの飼い方

めだかのがっこうはかわのなか…という童謡がありますが、昔は都会を流れる小川などでもめだかは良く見られました。しかし、最近では小川がすくなくなりましたからあまりめだかを見る機会はありませんね。

そして、それならとめだかを飼っている人が居ますから、めだかの飼い方を見てみましょう。めだかを飼うのにはまず、割合平たい容器と、水、めだかの隠れ場所になるような水草などと、餌があれば強い種類の緋めだかは飼えます。

容器はプラスチックのケースでも大丈夫ですが、大き目のものを用意します。そして、なるべく多めの水で飼うようにしましょう。めだか1匹に対して水1リットル位が目安です。容器深くなくても構いません。元々めだかは浅瀬に棲んでいるものです。

水は水道水を2、3日汲み置きしたものを使いましょう。水道水にはカルキ等が入っていますからめだかに良くありません。出来れば陽に当てておくとカルキが早く抜けます。

それから、めだかの隠れ場所の水草はどうしても必要です。水草を密集させればその中でめだかは休めますから都合の良い隠れ場所になります。小さな木の枝でも良いでしょう。

次に、めだかの餌ですが屋外で飼育していればミジンコ、アオコ等が自然発生しますし、虫やその卵、幼虫があるので餌にはあまり困りません。しかし屋内で観賞用の水槽で飼う場合は市販のめだかの餌を与えましょう。

それが無ければ小さい粒で水面に浮くような物が良いでしょう。例えばフレークやブロックタイプを細かく砕いて食べ易くして与えます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182545551
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。